1. ホーム>
  2. 恵正会日記

恵正会日記


2018/11/5

11/5(月)外部講師活動報告(管理栄養士)

尾道福祉専門学校にて当法人のスタッフが講師を務めさせていただきました。

対象 : 介護福祉科 1年生15名

内容 : ①生活支援技術Ⅰ 多職種連携と協働 ②調理動画コンテンツを使用した調理実習

講師 : ①企画採用推進課 梅田晶  ②デイケアセンターなごみ 山本夏海(管理栄養士) 

◎減塩食:きのこの炊き込みご飯、ロールキャベツ、具沢山みそ汁、鯖缶の甘酢和え

2018/10/29

10/29(月)デイケアなごみ 手指動作リハビリ

今回デイケアなごみでは、利用者様のリハビリを紹介します。

豆つまみによる手指動作リハビリです。

利用者様はリハビリを終えて

「指先の細かい動きが段々出来るようになってきた。」

とおっしゃっていました。

投稿者:デイケアセンターなごみ 植木 秀幸

2018/10/24

10/24(水)調理動画配信プロジェクト「サバ缶の甘酢和え」

◎ サバ缶の甘酢和え【減塩食】

<ポイント>

サバ缶は骨まで柔らかくなっているため、カルシウムもしっかり摂ることができます。

また、サバに含まれるDHAやEPAといった良質な脂には、中性脂肪を減らしたり、血液をサラサラにしたりする効果が期待できます。

 

 

<1人分の栄養素量> (下記材料1/3量)

エネルギー           71kcal

たんぱく質           6.1g

脂質                     3.7g

炭水化物              2.6g

食塩相当量           0.4g

 

<材料>  2~3人分

サバ缶(水煮)・・・180g(1缶)

きゅうり・・・100g(1本)

生姜・・・18g(大きめの1カケ)

☆酢・・・30g(大さじ2)

☆砂糖・・・6g(小さじ2)

☆みりん・・・6g(小さじ1)

☆しょうゆ・・・3g(小さじ1/2)

塩(きゅうりの塩もみ用)・・・小さじ1

炒りごま・・・大さじ1

 

<作り方>

①きゅうりを薄切りにして、塩でもみ10分程度置いておく。

②きゅうりから水分が出てきたら、水ですすいでしっかり絞っておく。

③サバ缶の汁気は捨てて、①と、☆の調味料、千切りにした生姜を合わせ、さばがほぐれるように混ぜる。

④冷蔵庫で冷やして、お好みで最後に炒りごまを振れば完成。

 

投稿者:デイケアセンターなごみ 山本 夏海(管理栄養士)


ページの先頭へもどる